Home

坂の上の雲マニアックスblog

『サライ』12月号 特集「『坂の上の雲』に倣う無私の心」

サライ
『サライ』12月号の特集は、「坂の上の雲」です。

秋山兄弟、広瀬武夫、東郷平八郎… 近代日本を背負った明治の雄
『坂の上の雲』に倣う無私の心

司馬遼太郎の長編小説『坂の上の雲』は、明治維新から日露戦争までの約30年間にわたる“日本の青春時代”を描いた物語である。近代化を目指して変貌してゆく時代のなかで、自己の役割を精一杯果たそうとした人々の気概を知る。

主な内容は、

・近代日本を作った志士の群像1 秋山好古・秋山真之
兄は日本騎兵の草創期を支え、弟は連合艦隊の戦略戦術を担う

・近代日本を作った志士の群像2 広瀬武夫
豪放磊落で知られる海軍中佐が最後に見せた部下思いの優しさ

・近代日本を作った志士の群像3 児玉源太郎
天才的戦略家であるとともに、生涯友情をわすれなかった好漢

・近代日本を作った志士の群像4 東郷平八郎
日本海海戦を勝利に導いた海軍きっての「強運」持ち主

・『坂の上の雲』を歩く1 正岡子規が暮らした東京
子規が青春を過ごし、生命の灯火を燃やし続けた地を歩く

・『坂の上の雲』を歩く2 司馬遼太郎記念館
司馬の蔵書の中で作品世界と対話する

・TVドラマ『坂の上の雲』案内
日露戦争の激闘と秋山兄弟のその後を描く完結編

です。

ちなみに、

サライ
95ページの広瀬武夫が水雷長として乗船した軍艦「朝日」搭載のカッターの写真は、

私が写したものです。

あしからず。


サライ 2011年 12月号 [雑誌]サライ 2011年 12月号 [雑誌]

小学館 2011-11-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

NHKスペシャルドラマ・ガイド 坂の上の雲 第3部

NHKスペシャルドラマ・ガイド 坂の上の雲 第3部
今年もNHK出版さんより10月8日に発売されました『NHKスペシャルドラマ・ガイド 坂の上の雲 第3部』が届きました。

明治日本の壮大な物語、完結編

スペシャルドラマ『坂の上の雲』第3部を徹底ガイド。本木雅弘・阿部寛・香川照之らを中心に、明治期の日本を描いた大型ドラマがいよいよクライマックスを迎える。[対談・秋山兄弟][配役紹介][第3部あらすじ]をはじめ、[制作秘話][歴史解説]など情報満載。

主な内容は

  • 巻頭特集「三笠大特集」
  • 主要登場人物プロフィール(45名)
  • 当時の満州の街並みと司令部セット大解剖
  • 秋山家の女たちの座談会
  • 日本&海外ロケレポート
  • 再現―「坂の上の雲」の時代
  • 司馬遼太郎が伝えたかったこと
  • 第3部のあらすじ
などなど

ちなみに、

クレジット
これまでのドラマ・ガイド 第1部 第2部に続きまして、今回も巻末にクレジット表記をいただきました。

あと、余談ですが、

寄稿写真
16ページの海上自衛隊第1術科学校・幹部候補生学校と大講堂内の写真は私が撮影した写真が使われています。

NHK出版さん、今年もだんだん!(ありがとうございます)

三景園 花まつり

三景園
1993年(平成5年)の広島空港開港を記念して造られた庭園「三景園」に行って参りました。
(「坂の上の雲」とは関係ありません)

P1050039
潮見亭

P1050001
宮島の厳島神社を連想させる造りです。

P1050061
広島と言えば、やはり鯉!

P1050030
園内には滝もあります。(三段の滝)

P1050035
癒されます。

全文を読む

秋山好古・多美夫妻の旅行地、北条鹿島

秋山好古、多美夫妻
昨年のNHK松山のニュース(2010年12月24日)で、

小説「坂の上の雲」の主人公の1人で、松山市出身の軍人、秋山好古が、退役後、学校の校長として単身赴任していた松山で妻と共に撮影された初めての写真が見つかりました。専門家は「退役後の好古のプライベートの記録は極めて少なく、貴重だ」と話しています。
秋山好古は、明治時代、騎兵隊を率いて日露戦争に出征した軍人で、日本騎兵の父といわれ、司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」の主人公の1人として描かれています。写真は、秋山好古が退役後、妻の多美や友人らと一緒に現在の松山市沖の鹿島を訪れた際に写したもので、裏に昭和4年7月15日の撮影日と鹿島には釣りのために訪れたというメモ書きがあります。当時、好古は、松山の北予中学校の校長として家族を東京に残して単身赴任していて、これまで妻の多美が松山に来たという記録は残っていませんでした。しかし、写真に一緒に写っている男性の孫で、松山市に住む渡部静さん(70)の自宅に写真が残っていることが分かりました。写真は好古が校長を辞める前の年に撮影されていて、松山市の博物館「坂の上の雲ミュージアム」の徳永佳世学芸員は「校長を辞めるにあたって妻と一緒に旅行をしたのではないか。退役後の好古のプライベートの記録は極めて少なく、家族との関係や好古の趣向を知ることができる貴重な資料だ」と話しています。

小説「坂の上の雲」の主人公の1人で、松山市出身の軍人、秋山好古が、退役後、学校の校長として単身赴任していた松山で妻と共に撮影された初めての写真が見つかりました。専門家は「退役後の好古のプライベートの記録は極めて少なく、貴重だ」と話しています。

秋山好古は、明治時代、騎兵隊を率いて日露戦争に出征した軍人で、日本騎兵の父といわれ、司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」の主人公の1人として描かれています。写真は、秋山好古が退役後、妻の多美や友人らと一緒に現在の松山市沖の鹿島を訪れた際に写したもので、裏に昭和4年7月15日の撮影日と鹿島には釣りのために訪れたというメモ書きがあります。当時、好古は、松山の北予中学校の校長として家族を東京に残して単身赴任していて、これまで妻の多美が松山に来たという記録は残っていませんでした。しかし、写真に一緒に写っている男性の孫で、松山市に住む渡部静さん(70)の自宅に写真が残っていることが分かりました。写真は好古が校長を辞める前の年に撮影されていて、松山市の博物館「坂の上の雲ミュージアム」の徳永佳世学芸員は「校長を辞めるにあたって妻と一緒に旅行をしたのではないか。退役後の好古のプライベートの記録は極めて少なく、家族との関係や好古の趣向を知ることができる貴重な資料だ」と話しています。

*写真は秋山兄弟生家に展示されていたものを撮影しています。


ということで、秋山好古、多美夫妻が旅行で訪れたという鹿島に行って参りました。

北条鹿島
北条鹿島とは松山市北条の前面400mに浮かぶ周囲約2kmの小島です。
その昔は、中世における伊予の国の覇者、河野氏の海域の古城でありました。

P1040901
その島にフェリーで渡ります。(約3分ぐらい)。

太田屋旅館
島に到着すると、まず目に入るのが「鯛めし」で有名な太田屋旅館です。

乃木希典書の戦没紀念碑
そして、乃木希典書の戦没紀念碑もありました。

続いて、登山口から鹿島頂上を目指しました。

鹿
すると、突然鹿さんに出くわします。

鹿
「鹿島」とい名だけあって、島には野生の鹿が生息しています。

鹿島城
山の中腹で、鹿島城の案内板を見つけました。

中世における伊予の国の覇者、河野氏の海域の古城跡であるが、最後の城主来島通総は豊臣秀吉の四国征伐に先鋒水軍として活躍した功により、鹿島城主に任ぜられたが、関ヶ原の戦いの際、西軍に加わった関係から、豊後国森に転封され廃城となった。島の頂上、南角等に築城、当時のものらしい石積の崩れた姿が残っている。

約20分ぐらいで頂上に到着。

鹿島頂上からの眺め
頂上からの眺めはこんな感じです。

小説『坂の上の雲』で、秋山好古が「おまえ、秋山家の先祖が伊予水軍であることを知っているか」と言うセリフがありますが、

好古自身、どんな思いでこの島に訪れたのでしょうか。

秋山好古がこの頂上に登ったかどうかはわかりませんが、一人思いにふけるのでした。

今年の5月27日は

本日は5月27日は日本海海戦の日(1905年)です。

これを記念して、昨年の5月27日はNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」のロケ見学で加賀市に行きましたが、今年は松山市へ行って参りました。

P1040817
まずは、秋山兄弟生家で秋山眞之中将像にご挨拶。

Z旗
するとそこには、日本海海戦を記念してZ旗が掲揚されていました。

Z旗とは http://www.z-flag.jp/main/information.html

その後は、坂の上の雲ミュージアムに移動し、企画展「バルチック艦隊と真之」を見学。
http://www.sakanouenokumomuseum.jp/display/now/

秋山真之
そこで、対バルチック艦隊への作戦を練る参謀秋山真之の姿を目撃したのでした。

Home

ブログパーツ
Facebook

ドラマグッズ
小説
Flickr
mistmistP1050351P1050350P1050349P1050321P1050298ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり幹部候補生学校庁舎大講堂てつのくじら館旧呉鎮守府司令長官官舎(洋館)旧呉鎮守府司令長官官舎旧東郷邸大洲城屋根付き橋(田丸橋)
最近のコメント
Blog Parts
あわせて読みたいブログパーツ

楽天家たち
Blog Ranking
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

人気ブログランキングへ


愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
メタ情報

Return to page top