Home > 01 喜 > 『坂の上の雲』のダッシュ(―)の使い方について

『坂の上の雲』のダッシュ(―)の使い方について

  • 2009-04-06 (月) 23:54
  • 01 喜
  • このエントリをはてなブックマークに追加

『坂の上の雲』 単行本33頁

『坂の上の雲』 単行本33頁



以前、当サイトに寄せられました質問で、

『坂の上の雲』作品の表記の一で、文章の中で線(―)下の会話文は筆者の何の意であるのか知りたいです。たとえば、第1巻「春や昔」中、
[――耳よりな話がある。と、和久正辰がいいだしたのは、このころである。]の線(―)下の会話文です。


と、小説『坂の上の雲』に於けるダッシュ(―)の意味について質問をいただきました。

これに対して、

一般的にダッシュ(―)の使い方は、

  • 文頭に置いて単にリズムを整える(強制改行)
  • 一拍遅らせる効果をもって登場人物の躊躇や葛藤、決意などを表す
  • 同じく地の文に置いて作者自身の情動を示す
  • 作品の最後の一文や場面転換の部分に置いて、それに続く文を強調する役割

などがあります。

と、お答えしましたが、正直なところ少し気になっていまして、

文学の素養のない私ですので自身がありません。

どなたかご教授願います。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 拍手する

こちらの記事もどうぞ!

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.sakanouenokumo.jp/wordpress/wp-trackback.php?p=1085
Listed below are links to weblogs that reference
『坂の上の雲』のダッシュ(―)の使い方について from 坂の上の雲マニアックスblog

Home > 01 喜 > 『坂の上の雲』のダッシュ(―)の使い方について

ブログパーツ
Facebook

ドラマグッズ
小説
Flickr
mistmistP1050351P1050350P1050349P1050321P1050298ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり幹部候補生学校庁舎大講堂てつのくじら館旧呉鎮守府司令長官官舎(洋館)旧呉鎮守府司令長官官舎旧東郷邸大洲城屋根付き橋(田丸橋)
最近のコメント
Blog Parts
あわせて読みたいブログパーツ

楽天家たち
Blog Ranking
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

人気ブログランキングへ


愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
メタ情報

Return to page top