Home > 新書 | 正岡子規 > 正岡子規の<楽しむ力>

正岡子規の<楽しむ力>

正岡子規の<楽しむ力>
写真は11月10日に発売されました、正岡子規研究の第一人者であられる坪内稔典先生の『正岡子規の<楽しむ力>』です。

書評
子規といえば、真っ先に思い浮かぶのは、“柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺”だろうか。けれども短い生涯にもかかわらず、じつに豊穣で多産な人生であった。短詩型の革新を試み、小説や漢詩を創作し、野球に熱中し、写生や落語を楽しみ、最後は病気まで楽しんだ。新たな視点で描く、子規流人生の愉しみ方。

坪内 稔典
1944年、愛媛県生まれ。京都教育大学名誉教授・佛教大学文学部教授。立命館大学大学院修士課程修了。子規研究の第一人者であり著書多数。俳誌「船団の会」代表。ネンテンさんの呼び名で親しまれる


正岡子規と言えば、病気で苦しんだ人というイメージを持たれる方が多いようですが、小説「坂の上の雲」では、子規は実に元気で、とてもユーモラスな人物として描かれています。

この正岡子規という人物に興味を抱いた私は、それから子規に関わる書籍を何冊か購入して読んではみましたが、これが驚くほどに、子規という人ほどその生涯を楽しんだ人はいないのではないかと思い知らされ、今ではすっかり子規の魅力にひきこまれています。

そんなこんなで、私のサイトで「正岡子規」伝なるものを公開していますが、実は上述の出版に携わったNHK出版の方が偶々見つけられて、それが縁で『正岡子規の<楽しむ力>』をプレゼントして下さいました。

この場をお借りして御礼申上げます。

11月29日から放送されますNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」が始まる前に読んでおくと、子規という人が100倍より面白くなる一冊です。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 拍手する

こちらの記事もどうぞ!

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > 新書 | 正岡子規 > 正岡子規の<楽しむ力>

ブログパーツ
Facebook

ドラマグッズ
小説
Flickr
mistmistP1050351P1050350P1050349P1050321P1050298ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり幹部候補生学校庁舎大講堂てつのくじら館旧呉鎮守府司令長官官舎(洋館)旧呉鎮守府司令長官官舎旧東郷邸大洲城屋根付き橋(田丸橋)
最近のコメント
Blog Parts
あわせて読みたいブログパーツ

楽天家たち
Blog Ranking
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

人気ブログランキングへ


愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
メタ情報

Return to page top