Home > のど自慢

のど自慢 Archive

「NHKのど自慢」 in 今治 予選大会

7月1日(土)に行なわれた「NHKのど自慢」 in 今治の予選大会に行ってきました。

「NHKのど自慢」今治市予選大会
朝8時の新幹線に乗り福山市に行き、その後高速バスでしまなみ海道を渡り今治市へ。今治駅で応援者である親と合流し、予選会場の今治市公会堂へ。

「NHKのど自慢」予選大会参加賞
受付を済ませると、参加賞であるピンバッジをいただきました。

とまあ、あまりぐだぐだと御託を並べるのなんですから、先に結論から申しますと、

またまたまた「予選落ち」です。

ちなみに結論から先に意見を出発させて物事を言うのは陸軍方式です。ドイツから陸軍教育のために招聘されたメッケルが日本陸軍に教えたと云われています。「坂の上の雲」の秋山好古もフランス留学中に山県有朋が視察に訪れた時に日本陸軍が取り入れる馬術はドイツ式馬術よりもフランス式乗馬術が優れている点をこの結論から述べる話法で強調し、意見具申しています。

とまあ司馬遼太郎式に話が大幅に逸れましたので本題に戻します。今回の「NHKのど自慢」予選会は今までの予選会と比べるととても満足しています。過去の予選会は緊張のあまり声が震えたり、音程を外したりと悔やんでも悔やみきれない内容でしたが、今回は私の順番の直前の方が私と同じ曲であったので、順番を待つ間に音程を合わせることができた。これでけっこう落ち着いて歌うことできました。それに、応援に来てくれた親が喜んでくれたこと。

そもそものど自慢に出たいという理由が、親に歌っている姿を見せてあげたいという理由から。子供の頃に「子供のど自慢大会」に参加したいといっておきながら、いざ出場する間際になって急に意気地がなくなりその場を逃げてしまったことがあります。その時の残念そうな親の顔が頭にこびりついていたので、それを払拭するためにのど自慢に応募していました。ただ、田舎の親に歌っている姿を見せれるのは全国放送である「NHKのど自慢」しかなく本選に受からない限りテレビに映ることはできないので必死になって応募してました。

しかし、今回は実家の今治市であったため、予選会に出場できれば当日の予選会に親を呼ぶことができたので、歌っている姿を見てもらうことができました。残念ながら本選の出場はなりませんでしたが、親からは「よかった、よかった」とそう言ってもらえたのはとても嬉しかったです。

そんなこんなで私の「NHKのど自慢」出場も本来の目的を果たしましたので、今回でとりあえず終了します。今まで、のど自慢出場のためにいろいろな方のご協力に励ましの言葉をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

「NHKのど自慢」 in 今治 出場申し込み

本日のど自慢の予選会出場の通知が届きました。

結果はというと、

出場決定!です \(^o^)/

いや~安心しました。

というのも、今回の応募は同僚の今治の出張に合わせて今治市から応募をしたのはよかったのだけど、その応募の往復ハガキが、なぜか往信先のNHKに行かず、返信先の実家に配達されるというハプニングがありました。申し込み期日が6月5日の月曜日、誤配送の連絡を聞いたのが3日の土曜日。締め切りギリギリ。(目の前真っ白)

とりあえず地元の郵便局に事情を説明し急ぎ再配達をお願いしましたが、何とか間に合ったみたいです。

さあ、これからは予選会にむけて毎日お風呂場で発声練習です。

がんばっていきまっしょい!

「NHKのど自慢」 in 今治

本日は、7月2日(日)に愛媛県今治市で催される「NHKのど自慢」に応募しました。

ちょうど同僚が今治市へ出張するというので、ついでに応募ハガキを今治市内で投函して貰いました。(感謝感謝)前回の4月16日の豊橋市大会はハガキ審査落ちでしたので、今度は郷土今治市で雪辱戦です。

「NHKのど自慢」 in 豊橋 出場申し込み

豊橋市制施行100周年記念の「NHKのど自慢」に出場申し込みをしました。本日、応募結果のハガキが届きました。
で、結果はというと...

このたびはアイプラザ豊橋(愛知県豊橋勤労福祉会館)で行う「NHKのど自慢」公開生放送にご出場のお申し込みをいただきありがとうございました。
さて、平成18年3月13日(月)必着で申し込みを締め切りましたところ、1,690通のお申し込みをいただきました。抽選の結果、あなた様のお申し込みは残念ながら選にもれましたので、ご通知申し上げます。あしからずご了承ください。


ということで、見事に落選しました。(^_^;)

でも、まだ今年はあきらめていません。

次は7月 2日の愛媛県今治市(本籍地)での公開放送に応募します。

「NHKのど自慢」 in 豊橋

愛知県豊橋市は化石人骨(牛川人)が出土された地であり、古代には伊勢神宮領がありました。

中心地の今橋(のち吉田)は中世~近世を通じて交通の要衝で、戦国期には戸田・牧野・今川など各氏の争いの場となりました。1749年(寛延2年)に大河内松平氏領となり、吉田は城下町、東海道の宿場町として栄えます。1869年(明治2年)には吉田を豊橋と改称し、「坂の上の雲」関連では1885年に吉田城址に名古屋鎮台豊橋分営が設置されました。日露戦争後の1906年(明治39年)に市制施行し、そして今年で100周年となります。

その100周年記念事業行事の一つに、4月16日に「NHKのど自慢」 の公開生放送が予定されています。ということで、昨年の「NHKのど自慢」(in愛・地球博)に引き続き、今年も「NHKのど自慢」に応募します。

ホーム > のど自慢

ブログパーツ
Facebook

ドラマグッズ
小説
Flickr
mistmistP1050351P1050350P1050349P1050321P1050298ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり幹部候補生学校庁舎大講堂てつのくじら館旧呉鎮守府司令長官官舎(洋館)旧呉鎮守府司令長官官舎旧東郷邸大洲城屋根付き橋(田丸橋)
最近のコメント
Blog Parts
あわせて読みたいブログパーツ

楽天家たち
Blog Ranking
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

人気ブログランキングへ


愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
メタ情報

Return to page top