Home > 坂の上の雲

坂の上の雲 Archive

伊予は、水軍の国である

「坂の上の雲」の主人公である秋山兄弟、正岡子規は河野水軍の末裔となります。

坂の上の雲〈1〉

「おまえ、秋山家の先祖が伊予水軍であることを知っているか」
と好古はいった。
真之は知らない。(中略)
秋山氏は、伊予の豪族河野氏の出で、戦国期から江戸初期まで讃岐や伊賀を転々とし、やがてこの兄弟から七代前の秋山久信という者が伊予松山にもどってきて久松家につかえた。
「とにかく伊予人の遠祖はみな瀬戸内海に舟をつらねて漕ぎまわった連中ばかりだ。お前がその伊予人のなかから出てはじめて日本海軍の士官になる」
『坂の上の雲』(海軍兵学校)より


河野氏は伊予国の豪族で孝霊天皇の孫小千御子(おちのみこ)から出たといいます。古くは越智郡(現今治市)を本拠として越智氏を称しました。瀬戸内最大規模の水軍となり、河野水軍とも呼ばれます。

小千国造ついで越智郡司となり、平安中期には伊予国司に任じられ、用忠(もちただ)は藤原純友(すみとも)の追討に功績がありました。

平安末期には親清が河野郷(旧北条市、現松山市)に住して河野氏を名乗ります。孫の通信(みちのぶ)は源平内乱に源氏方として活躍します。承久の乱のとき一族は二分しますが、通信の子通久が幕府方となり、所領を維持します。元寇では通有が志賀島の戦で活躍します。

室町時代には伊予国守護ともなりますが、一族内の対立により衰退します。河野氏には対外防衛機関である家臣警固衆(けごしゅう)と呼ばれる「島衆」と「下島衆」が存在しました。御家騒動によって衰退した主家河野氏を、「島衆」の代表である来島村上氏いわゆる村上水軍は背反し、1585年(天正13年)には豊臣秀吉の四国攻めによって通直は所領を没収されまもなく病没、宗家は大名となることなく滅びました。かくして村上水軍が伊予の戦国大名にと台頭します。

なお、私の遠祖も伊予国越智郡(現、今治市)に古くから土着し、河野水軍警固衆「下島衆」の姓を名乗っています。

私も秋山兄弟、正岡子規同様に伊予水軍の末裔となります。

白旗をかかげる

坂の上の雲〈5〉かれは砲声のとどろくなかを三キロばかり歩き、ようやくロシア軍陣地の最先端を離れた。このとき、かれは白旗をかかげた。

マルチェンコ見習士官の白旗を目撃したのは、日本軍の第一師団の歩兵第二連隊の最前線の兵である。
――降伏。
とは、だれもおもわなかった。日本軍の前線の実感としては旅順要塞の戦闘力は依然として強靭であるようにおもえたのである。ロシア側が白旗をかかげて軍使をよこしてくることはしばしばあった。死体収用に関する件や、旅順市街に飛んでくる日本軍砲弾が病院に命中する、なんとかならぬか、といったたぐいの用件であった。

『坂の上の雲』(水師営)より

白旗は戦時国際法で定められた停戦を意味する旗であり、白旗を掲げ交渉のため派遣される者を軍使と呼びます。

軍使

第三二条
 交戦者ノ一方ノ命ヲ帯ヒ他ノ一方ト談判ヲ開ク為メメ白旗ヲ掲ケテ来ル者ハ之ヲ軍使トス軍使並之ニ随従スルコトアルベキ喇叭手、鼓手、旗手及通訳ハ不可侵権ヲ有ス
第三三条
 軍使ヲ差向ケラレタル軍隊ノ司令官ハ必ズシモ之ヲ受クルノ義務ナキモノトス、司令官ハ軍使カ其ノ使命ヲ利用シテ軍情ヲ探知スルヲ防グニ必要ナル一切ノ手段ヲ施スコトヲ得、司令官ハ軍使ガ其ノ特権ヲ濫用シタル場合ニハ一時之を抑留スルノ権利ヲ有ス
第三四条
 軍使特権ヲ利用シテ欺罔ノ行為ヲ為シ又ハ之ヲ教唆シタルノ證迹分明掩フベカラザルトキハ其ノ不可侵権ヲ失フ

『陸戦ノ法規慣例ニ関スル条約』(明治33年11月21日公布)より

敵に降参するときに白旗を立てて標とするのは西洋流かと思うかもしれませんが、日本でも古来より、降参するときは白旗を掲げたという史実が「日本書紀」に記されています。然しながら源平の頃より平家の赤旗、源氏の白旗というイメージが「吾妻鏡」、「平家物語」などで定着してしまい、いつしか白旗が降伏の意味を成さなくなったようです。
日本国が白旗を降伏の意として改めて解釈するのは、黒船の来航からとなります。
「もし開国要求を拒否するなら武力を行使するが、そのときは米国が勝つであろうから、この白旗を掲げて降伏せよ。」
戊辰戦争においては、白虎隊で有名な会津藩は、降参の二字をしたためた三旒の白旗を掲げ、官軍に降伏しています。

秋山真之の「やまかん」

秋山真之はやまかんの名人でありました。

坂の上の雲〈1〉

――あしは要領がよすぎる。
ということばには、真之の自嘲と、それを逆にひそかな誇りがこもっている。
一種天才的なかんがあって、真之は学校の試験などの場合、やまをあてる名人であり、予備門のなかまから、
「試験の神様」
というあだながついていた。
『坂の上の雲』(七変人)より


「やまかん」の語源は、一つに明暦大火の際に木曽福島の材木を買い占めて、土木事業で莫大な利益を得た河村瑞賢のような、投機的な事業で大もうけをねらう山師の勘を「やまかん」と云うそうです。

もう一つは、来年のNHK大河ドラマ「風林火山」の主人公である軍師・山本勘助の名前をして「山勘」という説もございます。どちらが正しいのか定かではございません。

既に軍人であった兄・好古は、「お前は勘がよくて要領がよいから、いろんな場合に応用が利くだろうな。文学をやるよりも軍人になるほうがむいているかもしれんな。」といって、軍人とくに作戦家ほど才能が必要とする職業には、弟真之は稀有な適正があると思ったそうです。

ということで、秋山真之は河村瑞賢というよりも、軍師山本勘助の「やまかん」が相応だと思います。

2007年『坂の上の雲』どうせやるなら世界一 大志 輝く会社

来週月曜日(25日)発売の日経ビジネス(2006年12月25日、2007年1月1日合併号)のタイトルは、ずばり、
 2007年『坂の上の雲』どうせやるなら世界一 大志 輝く会社

日経ビジネス最新号の特集は「2007年『坂の上の雲』どうせやるなら世界一 大志 輝く会社」と題して、作家の司馬遼太郎氏の代表作『坂の上の雲』をモチーフに「大志」を抱く新しい企業のカタチを取り上げます。「いざなぎ景気」を上回る景気拡大を続ける日本経済。過去最高益を更新する企業が続出しました。だが、その半面、「儲かりさえすればよい」という風潮が企業の不祥事や、品質事故など責任感の欠如を招きます。日本企業がさらに飛躍するためには何を目指すべきか、編集長が本誌記事に触れながら深掘りします。

日経ビジネスオンライン「日経ビジネス編集長の終わらない話 2.0 」より

小国だった日本が富国強兵をして日露戦争の勝利により、世界の大国へとのぼりつめます。その自惚れから、第二次大戦で敗戦し、なにもかも無くし小国に戻されました。しかしながら、日本は高度経済成長により、世界の大国となります。
そこで、いま自惚れている日本は、大国意識を捨てなければダメになると本著は問いかけています。同じ過ちを繰返さないためにも、大国意識をいったん捨て去って、もう一度小国に戻り、そこから「坂の上の雲」を目指し、どうせなら世界一を目指そうというものです。
2007年の新春を『坂の上の雲』で飾る日経ビジネス、力が入っています。

「子規歳時」今日は何の日?

12月1日(金)~3日(日)まで名古屋古書会館で開催される古書即売会「名鯱会」に行ってきました。今回購入した古書は以下の三点です。
 『乃木大将事蹟』 再版 (塚田清市編/乃木十三日会/昭13刊)
 『将軍乃木』 (桜井忠温著/実業之日本社/昭3刊)
 『子規歳時』 改訂 (越智ニ良著/松山子規会/平9刊)

全文を読む

ホーム > 坂の上の雲

ブログパーツ
Facebook

ドラマグッズ
小説
Flickr
mistmistP1050351P1050350P1050349P1050321P1050298ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり幹部候補生学校庁舎大講堂てつのくじら館旧呉鎮守府司令長官官舎(洋館)旧呉鎮守府司令長官官舎旧東郷邸大洲城屋根付き橋(田丸橋)
最近のコメント
Blog Parts
あわせて読みたいブログパーツ

楽天家たち
Blog Ranking
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

人気ブログランキングへ


愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
メタ情報

Return to page top