Home > 坂の上の雲

坂の上の雲 Archive

はがき歌 – 正岡子規

はがき歌 本日は申し込んでいたエクスプレスカードを受け取りに郵便局に行く。
その郵便局の宣伝コーナーになんか見たことのある人物の写真があるなと思い、覗いてみると「第12回はがき歌全国コンテスト」の案内パンフであった。もちろん写真の主は正岡子規である。
へー、五・七・五・七・七の短歌形式ではがきを出すんだ。こんなコンテストがあるとは知りませんでした。
なんかおもしろそうです。これなら私にでも応募できそうです。
それにしても、古典の世界をもごく普通の日常に変えてしまう正岡子規。
ほんとにガイな人である。
「はがき歌全国コンテスト」の応募詳細はこちらをどうぞ

急がば廻れ

「急がば廻れ」という言葉がある。
正しくは「急がば廻れ瀬田の長橋」というそうだ。決して歩道橋ではない。
瀬田(せた)の長橋とは滋賀県大津市瀬田の瀬田川にかかる橋で日本三名橋の一つである。その昔、琵琶湖から注ぎ出る川は瀬田川しかなく、京都防衛上の重要地であったことから、「瀬田の橋を制する者は天下を制す」と言われた。 壬申の乱の際には大友皇子と大海人皇子の決戦場となり、幾度の戦で破壊と再建を繰り返した。 現在の位置に橋を移したのは織田信長だそうである。(瀬田の唐橋 – Wikipediaより)
ところで、桂太郎の『処世訓』の出だしが「急がば廻れ瀬田の長橋」を記し、世の処世第一の要道と説いている。

全文を読む

名称は「坂の上の雲ミュージアム」

松山市は、同市一番町3丁目に建設を進めている仮称『坂の上の雲』記念館の正式名称を「松山市坂の上の雲ミュージアム」と決め、5日、6月議会に提案する設置条例案を発表した。…坂の上の雲まちづくりチームによると、「坂の上の雲」まちづくりの中核施設であり、市が進めるフィールドミュージアム構想との関連性からも、「記念館」より「ミュージアム」が適当とした。(6月5日愛媛新聞より)
いよいよ『坂の上の雲』記念館の正式名称が決まりました。
来年春のオープンが楽しみです。
なお観覧料は大人400円、高齢者・高校生200円。中学生以下は無料だそうです。ちなみに子規記念博物館は大人400円、高校生以下は無料ですので、まあ妥当なところでしょうか。

なんなんかなー、もぅ!

5月27日は第101回日本海海戦記念式典。
でも、
仕事のため、出席できなくなりました。
なんなんかなー、もぅ!

5月27日 日本海海戦記念式典

第101回の日本海海戦記念式典の案内状が届きました。

  • 期日:5月27日(土)
  • 呈茶:12:30~13:30(裏千家横須賀淡交会)
  • 式典:13:30~14:10
  • 演奏:14:20~14:50(海上自衛隊横須賀音楽隊)
  • 祝宴:15:00~16:00
昨年の第100回記念式典は申し込みが遅れて”一般見学者”でしたが、今年は正式に出席したいと思います。

ホーム > 坂の上の雲

ブログパーツ
Facebook

ドラマグッズ
小説
Flickr
mistmistP1050351P1050350P1050349P1050321P1050298ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり幹部候補生学校庁舎大講堂てつのくじら館旧呉鎮守府司令長官官舎(洋館)旧呉鎮守府司令長官官舎旧東郷邸大洲城屋根付き橋(田丸橋)
最近のコメント
Blog Parts
あわせて読みたいブログパーツ

楽天家たち
Blog Ranking
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

人気ブログランキングへ


愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
メタ情報

Return to page top