Home > 旅行

旅行 Archive

日露戦争と徳島公園

本日は徳島での仕事も終えたので、名古屋に帰る前にちょっとだけ徳島公園に立寄る。
徳島公園は蜂須賀氏の徳島城跡地である。1869年(明治2年)の版籍奉還により廃城となり、1875年(明治8年)には城内の建築物が壊された。現在は石垣と堀、庭園、鷲之門が残るのみ。1905年(明治38年)の日露戦争の戦勝を記念して「徳島公園」として一般に開放される。
徳島城石垣 徳島城鷲の門 廃藩置県の後、城郭の建造物は取り壊されるが、鷲の門は唯一残されたものの1945年(昭和20年)7月4日早暁の徳島大空襲によって焼失する。現在の門は1989年(平成元年)9月27日、徳島市制百周年を記念して復元されたそうです。
鷲の門 名古屋に夕方までに帰らなければならなかったので公園内に足を運ぶ事ができなかったのが残念です。

能島(のしま)村上水軍

能島
写真は愛媛県の瀬戸内海にある伯方(はかた)島と大島の中間に位置する周囲わずか720メートルの小島です。

しかし、この小島こそ日本最大の海賊と呼ばれた “能島村上水軍” が拠点とした「能島(のしま)」なのです。
(ちなみに伯方島には私の実家があります)

秋山真之は能島村上家に伝わる「能島流海賊古法」を学び、「七段構え」のヒントを得たといいます。

雲の下の風景:海軍中佐広瀬武夫(飛騨高山)

本日は、日露戦争開戦時に旅順港閉塞作戦で戦死した、海軍少佐広瀬武夫(没後中佐)の育った飛騨高山(生れは大分県です)に行ってきました。城山公園内の”中佐平”というところに彼の銅像(胸像)が建てられています。
広瀬武夫
新しいカメラになったので、ちょっとシーンにもこだわってみました。
しかし、この銅像ほんとうにうまくできている。なんかこう精気を感じる。
広瀬武夫
広瀬武夫

関ヶ原古戦場

sekigahara.jpg (岐阜県不破郡関ケ原)
日本陸軍育ての親メッケルが講義演習のため、児玉源太郎らを引き連れて関ヶ原の古戦場を訪れた時、東軍、西軍の配置図を見て即座に「西軍の勝ちは明白である」といった話は有名。

全文を読む

乃木公園

nogi.jpg
(愛知県蒲郡市)
愛知県蒲郡市の三谷温泉には乃木希典が名古屋歩兵第五旅団長時代(明治23年~明治25年)に伊勢神宮逢拝の際、蒲郡に寄ったのを記念し大正以降に地元の有志で建立したという像があるというので温ねてみました。

全文を読む

ホーム > 旅行

ブログパーツ
Facebook

ドラマグッズ
小説
Flickr
mistmistP1050351P1050350P1050349P1050321P1050298ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり幹部候補生学校庁舎大講堂てつのくじら館旧呉鎮守府司令長官官舎(洋館)旧呉鎮守府司令長官官舎旧東郷邸大洲城屋根付き橋(田丸橋)
最近のコメント
Blog Parts
あわせて読みたいブログパーツ

楽天家たち
Blog Ranking
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

人気ブログランキングへ


愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
メタ情報

Return to page top