Home > Archives > 2005-09

2005-09

豊田屋旅館(高崎市) 

高崎の知人から手紙が届きました。
中に、「豊田屋」という旅館のパンフレットと5月16日の上毛新聞の紙面が入ってました。その中のコラム「三山春秋」のところを赤ペンでわざわざ大きく囲んでいましたので、さっそく目を通してみますと、

駅前旅館は昔から小説の舞台になることが多い。出会いと別れがあり、人生の哀歓が凝縮しているからに相違ない。JR高崎駅西口近くの豊田屋旅館。主人の語るエピソードはドラマのシーンのようでもある。24年前の夏の日、「ごめんください」と玄関の前に立つ白髪の紳士を見て、思わず目を疑った。

勘の良い方ならすでにおわかりかと思われますが、その白髪の紳士こそ司馬遼太郎氏です。

「部屋を見せてもらえませんか」。さっそく二階に案内すると、「あっ、ここだ」と懐かしそうに柱を何度となくさすった。

豊田屋旅館は明治12年に創業し、軍の定宿としても利用されたようです。
司馬氏も本土決戦要員として中国から引き揚げ、高崎15連隊との連絡役をしていた際に利用されたようで、講演で高崎市で訪れた際にこの宿のことを思い出し探されたようです。
この旅館は、閉館の危機ものり越え、現在も昔の姿のままで営業されているとのことです。司馬氏が泊まった「十番」の部屋も当時のままのこされているのだそうです。
時間が見つかったら、一度訪ねてみたいなと思います。

「坂の上の雲」の主人公の中で、一緒にお酒を飲み交わしたい人は誰?

アサヒビールが実施しました『一度で良いから、お酒を飲み交わしたい歴史上の人物は?』を拝見しました。
坂本竜馬、織田信長、聖徳太子、徳川家康、西郷隆盛と、まぁ予想通りの結果でしたが...

全文を読む

Home > Archives > 2005-09

ブログパーツ
Facebook

ドラマグッズ
小説
Flickr
mistmistP1050351P1050350P1050349P1050321P1050298ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり幹部候補生学校庁舎大講堂てつのくじら館旧呉鎮守府司令長官官舎(洋館)旧呉鎮守府司令長官官舎旧東郷邸大洲城屋根付き橋(田丸橋)
最近のコメント
Blog Parts
あわせて読みたいブログパーツ

楽天家たち
Blog Ranking
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

人気ブログランキングへ


愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
メタ情報

Return to page top