Home > Archives > 2006-05

2006-05

帝国軍艦唱歌

一、 威名輝く 日東の    我が軍艦の 名を問へば 
    雲井に高き 富士艦に     二見に出づる 朝日
ニ、 昔床しき 敷島の    歌に残りし 三笠
    捷ちて捕らへし 鎮遠に     源平馳駆の 八島
三、 千古に茂げる 扶桑より    世界照さん 初瀬
    此の八隻の 大艦を     戦闘艦とは 云へるなり
四、 次で二十と 二隻なる    巡洋艦の 名を挙げば
    海洋島の 戦ひに     其の名も高き 高千穂
五、 神の奇端は 千歳まで    仰ぎて今も 厳島
    花は桜の 吉野艦     月は淡路の 須磨明石
六、 煙絶へせぬ 浅間より    民の竈を 浪速
    歌の始めの 八雲なる     八重垣つくる 出雲
七、 幾世変わらぬ 高砂の    尾上の松は 常盤
    海は澄みたる 秋津洲に     山は晴れたる 吾妻
八、 早く全捷 松島の    國に手柄を 橋立
    堅たき心を 磐手なる     高き誉を 笠置
九、 ふじに対する 新高に    釜山にむかう 対馬
    源遠き 和泉なる     流れの末は 千代田

全文を読む

明治時代のサッカー

サッカーワールドカップの日本代表も決定したので、本日は明治時代のサッカー(アッソシエ-ションフットボ-ル)をご紹介。
【プレーヤーの配置】
Association FootballG:ゴールキーパー
fb:フルバック(2人)
hb:ハーフバック(3人)
c:センター(1人)
rw:ライトウィング(2人) 
lw:レフトウィング(2人)
*c・rw・lwを合せてフォワワーズ(フォワード)とする。
(参照:明治36年刊『アッソシエ-ションフットボ-ル』 / 東京高等師範学校フットボ-ル部編より)
現在で言うと、フルバックはディフェンダー(DF)、ハーフバックはミッドフィールダー (MF)となる。
面白いのは、現在の 3-5-2 や 4-4-2 と呼ぶフォーメーションが、明治の時代には 2-3-5 のフォーメーションである。

なんなんかなー、もぅ!

5月27日は第101回日本海海戦記念式典。
でも、
仕事のため、出席できなくなりました。
なんなんかなー、もぅ!

明治天皇伏見桃山陵の大石段

大石段 ゴールデンウィークの6日に京都の明治天皇伏見桃山陵を訪ねました。
しかし、行く手には壁にも見える大石段。(こっ、これを上るのか...)

全文を読む

Home > Archives > 2006-05

ブログパーツ
Facebook

ドラマグッズ
小説
Flickr
mistmistP1050351P1050350P1050349P1050321P1050298ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり幹部候補生学校庁舎大講堂てつのくじら館旧呉鎮守府司令長官官舎(洋館)旧呉鎮守府司令長官官舎旧東郷邸大洲城屋根付き橋(田丸橋)
最近のコメント
Blog Parts
あわせて読みたいブログパーツ

楽天家たち
Blog Ranking
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

人気ブログランキングへ


愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
メタ情報

Return to page top