Home > Archives > 2006-07-16

2006-07-16

司馬遼太郎記念館

河内小阪 本日は東大阪市にある司馬遼太郎記念館に行ってきました。
近鉄河内小阪駅を降りるとアーケード街に「司馬遼太郎記念館」の案内看板が見えます。そしてそのアーケード入り口に向かって、明るいオレンジの日傘に晴れやかな青の和服の女性。まるで司馬作品から抜け出たようです。
司馬遼太郎記念館 駅から10~12分歩くと安藤忠雄氏設計の記念館に到着します。
書斎 記念館に入ると、最初に目に入るのが司馬氏の書斎です。
回廊 この回廊の先を行くと、展示室があります。
竜馬がゆく展 ちょうど今は「竜馬がゆく展」を行っています。(これから先は撮影禁止となります。)
展示室に入ると、目に入るのが蔵書の数、数、数!
司馬氏の作品もさることながら、やはり目がいってしまうのは文献資料。今ではなかなか手に入らない文献が整然と書架に収められています。その高さ11メートル。そしてその数ざっと2万余冊。
(書斎がある自宅にはその他に4万余冊あり、合わせて6万余冊とのこと)
「竜馬がゆく展」で司馬氏の取材ノートを拝見。一見ごく普通の大学ノートですが、やはり中身はびっしりと書かれています。あと原稿の修正が赤鉛筆だけでなく青や緑と区別されて色分けされているのが印象に残りました。
でも、何よりも印象に残ったのは、館内のスタッフの方の優しく丁寧な応対。深々とおじきをするので恐縮してしまいました。ボランティアとのことですが、こんな素晴らしい方々にこの記念館は守られているのかと思うと、司馬氏も幸せだろうなと思います。

Home > Archives > 2006-07-16

ブログパーツ
Facebook

ドラマグッズ
小説
Flickr
mistmistP1050351P1050350P1050349P1050321P1050298ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり幹部候補生学校庁舎大講堂てつのくじら館旧呉鎮守府司令長官官舎(洋館)旧呉鎮守府司令長官官舎旧東郷邸大洲城屋根付き橋(田丸橋)
最近のコメント
Blog Parts
あわせて読みたいブログパーツ

楽天家たち
Blog Ranking
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

人気ブログランキングへ


愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
メタ情報

Return to page top