Home > Archives > 2010-01

2010-01

龍馬伝#5「黒船と剣」 2010-01-31のつぶやき

NHK公開セミナー 対談「坂の上の雲」を語る

NHK公開セミナー スペシャルドラマ「坂の上の雲」
本日は高山市で催されました『NHK公開セミナー スペシャルドラマ坂の上の雲 ~ 対談「坂の上の雲」を語る ~』を見学してきました。

高山市は2005年2月1日に旧高山市と周辺9町村で合併され、2010年を迎えたその5周年事業イベントの一環として、高山市にゆかりのある人物広瀬武夫を紹介し、殊にNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」の放送で広瀬武夫役を演じた藤本隆宏さんと、NHKの藤澤チーフプロデューサーを招いて、本日の公演と相成ったのでした。

「坂の上の雲」ファンの私としては、このようなイベントを見過ごすわけもなく、高山市民でも、ましては岐阜県民でもないのに応募してしまいましたが、見事入場券が届いたので高山市まで足を運びました。

名古屋から高山市までは随分距離はありますが、今回は旅費を抑えて敢えて高速バスにて高山まで向かい8時30分出発し11時過ぎに高山駅に到着しました。 ↓

JR高山駅
セミナーの開演は12時30分からですが、

その前に、城山公園にあります「広瀬武夫銅像」にご挨拶。 ↓

広瀬武夫銅像
それと、ちょっとだけ市内観光をして、

高山
↑ 古い町並

中橋
↑ 中橋

高山陣屋
↑ 高山陣屋

その後、高山市民文化会館へ ↓

高山市民文化会館
12時半を前に既に開場待ちの行列ができていました。 ↓

行列
入場が始まり、運良く最前列の席をゲット! ↓

IMG_2228
さて、ここからは写真撮影禁止となりますので、対談のコメントをまとめてみます。

スペシャルドラマ「坂の上の雲」のロケエピソード

  • 秋山家を思いきりボロボロの家にしてみた。後でご子孫の方に怒られるかと思ったが、逆に「よく描いてくれた」とお褒めの言葉を頂いた
  • 秋山真之と広瀬武夫のカッター競争のシーンで、カッターを漕いでいたのは実際の自衛隊の方だった
  • それぞれのキャストの方のお髭は本物のこと。特にロシアロケのような寒い地域で行う場合は付け髭が凍って取れなくなる恐れがあるので本物の髭だそうです
  • あと、海でのシーンも付け髭が落ちる恐れがあるので、こちらも本物とのこと
  • 撮影は断片的に収録しているので、特に役者さんには髪の長さを変えないようにとの指示を出していた。にもかかわらずある大物の役者さんが、髪を切ってしまい、第2部のシーンではちぐはぐなシーンがあるとのこと。その大物の役者さんとはT.Nさんです。
  • ロシアロケでは初めはロシアの役者さんも乗り気ではなかったが、撮影の機材や映像のこだわりを見て真剣になったとのこと
  • 広瀬武夫が恋敵ボリスを柔道の一本背負いで投げるシーンについて、初めは大男が来るという話だったのだが、実際には藤本さんより体が細い役者さん(アルチョム・グルゴーニエフ)だったので、拍子抜けしたとの事
  • アリアズナ役のマリーナ・アンドレイエヴナさんが、藤本さん演じる広瀬武夫と別れるシーンで、彼女が涙を溜めるが一向に流そうとしないので、スタッフが涙を流してくださいと指摘したら、彼女曰く「ロシア貴族の女性とは人前では決して涙を流さないものなの」と言い返され、彼女の演技の拘りに感服したとのこと
  • 広瀬武夫が褌一丁で記念写真を撮るシーンで、実在の広瀬武夫の写真はブリーフ一枚であったが、ここは敢えて大和魂の褌にこだわったとのこと

藤本隆宏さんのコメント
  • 大河ドラマを見て、特に戦国武将の加藤清正に憧れていたとのこと
  • 広瀬武夫の配役が決まった時に、広瀬武夫の人物像を知るためにゆかりの地を巡った。高山市にも来ていた。広瀬武夫がロシアに興味を抱いたのは、高山市という雪国で育った彼の故郷への思いだったのかもしれないと感じたとのこと
  • 広瀬武夫を演じるなら「しっかりせんといかん」と、多くの方(特に50歳以上の年配の方)から、会うたびに叱咤激励された
  • 役者とは歴史を演じ伝えてゆくことが使命であると思っている
  • 撮影はとても間が空いたりして、「次は三ヶ月後に」とも言われたりしたが、それはそれでオリンピック選手が4年に1度の大きな大会の、その一瞬にかける集中力と同じで、コンディションを調整するのはスポーツ選手も役者も同じである


と、元オリンピック選手としてのそのお言葉は、とても印象深いものがありました。

生で初めて拝見しました藤本さん、ドラマで見るよりも数倍もハンサムでした。背が高く、がっしりしていながら、それでいてとても穏やかで、そしてとても優しい口調のジェントルマンでした。

私、藤本さんの大ファンになりました。

「坂の上の雲」度 2010-01-30のつぶやき

NHK公開セミナー スペシャルドラマ「坂の上の雲」

対談「坂の上の雲」を知る
「坂の上の雲」に登場する海軍軍人広瀬武夫が少年時代を過ごした岐阜県高山市で、ドラマ「坂の上の雲」でその広瀬武夫役を演じます藤本隆宏さんと藤澤チーフプロデューサーによるNHK公開セミナーが催されます。

第1部 地上デジタル放送の紹介
第2部 対談「坂の上の雲」を語る
出演  藤本隆宏さん(俳優・「坂の上の雲」広瀬武夫役)
     藤澤浩一(「坂の上の雲」チーフプロデューサー)
日時  平成22年1月31日(日)
     開場/午後0時30分  開演/午後1時15分
     終演/午後3時(予定)
会場  高山市民文化会館 小ホール
司会  伴麻衣子(NHK岐阜放送局キャスター)


私もこのセミナーに応募して入城整理券を頂きましたので、明日お話を聞いて参ります。

昨年は、秋山真之役を演じます本木雅弘さんと西村エグゼクティブプロデューサーのお話をお聞きしましたが、今回も「坂の上の雲」第2部に関する新しい情報が聞けるかもしれません。

今からワクワクしています。

あと310日 2010-01-29のつぶやき

  • 【今日は何の日】 1905年(明治38年)1月29日 幸徳秋水と堺利彦らが創刊した週刊「平民新聞」が廃刊 http://meiji.sakanouenokumo.jp/blog/archives/2007/01/post_426.html #
  • [新刊発売] 2010-01-29 田原総一朗 責任編集 オフレコ!スペシャル 2020年、10年後の日本 … 田原総一朗責… [単行本(ソフトカバー)] http://bit.ly/86Otnf #
  • スペシャルドラマ「坂の上の雲」第2部放送まで、あと310日 #sakakumo #
  • 空中戦艦ミカサですw RT @vanillabooks 宇宙戦艦ヤマトなみのカウントダウン! RT @sakanouenokumo: スペシャルドラマ「坂の上の雲」第2部放送まで、あと310日 #sakakumo #
  • 道は長くとも、「のぼってゆく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲がかがやいているとすれば、それのみをみつめて坂をのぼってゆく」のだ @karazoro84: 坂雲2部までの道は長い・・・! #sakakumo #
  • @harry_hotter58 そうですね。香川さんのお名前の通り周囲を“照らす”良い役者さんです。 in reply to harry_hotter58 #
  • 今、こいつが気になる → SONYのbloggie”(ブロギー) http://www.sony.jp/bloggie/products/MHS-PM5K/ #
  • 今治西、甲子園出場おめでとう! #senbatsu #
  • @asiarai 今治西OBの監督はなかなか良いみたいですね。こんど松山商の監督に就任するのも今治西OBの重澤監督ですので、今後が注目されます in reply to asiarai #

Home > Archives > 2010-01

ブログパーツ
Facebook

ドラマグッズ
小説
Flickr
mistmistP1050351P1050350P1050349P1050321P1050298ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり幹部候補生学校庁舎大講堂てつのくじら館旧呉鎮守府司令長官官舎(洋館)旧呉鎮守府司令長官官舎旧東郷邸大洲城屋根付き橋(田丸橋)
最近のコメント
Blog Parts
あわせて読みたいブログパーツ

楽天家たち
Blog Ranking
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

人気ブログランキングへ


愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
メタ情報

Return to page top